REPORT:COUZT 蚤の市 ...2016/03/13...

nominoichiブログ用
コーツトでは初めてのフリーマーケット。
せっかく、いろんな方々が時間をつくって参加してくれているのに、お客さん来なかったらどうしよう〜
あんまり売れなかったらどうしよう〜!
と、思っておりましたが…。
想像以上に多くのお客様にご来店いただき、とても楽しい夜を過ごすことができました。
今回も写真を中心に様子をご紹介です。

< 蚤の市の宣伝ブログはコチラ >

 

各ブース、時間が短いなか沢山の搬入。
タグに、購入したときの場所や思い出を書いた方、
このアイテムをどう使用したら素敵かどうか、そのアイテムの楽しみ方を書いたポップを作った方、
本のタイトルや表紙をわからないようにし、「読んだときに自分のなかで引っかかった」ワードを抜粋して販売した方、
自分のフォトブックで使用した、思い出ある洋服を販売していた方、
押入れから出てきたものを沢山並べてくれた方。
店内はあっという間に商品でいっぱいに!
4 5

自分が惚れ込んだ醤油の販売をする方も。
こちらは引き続きコーツトでも販売中です!
Cc70jc5UUAA7RxH.jpg-large

又旅写真展の向谷地さん、いい笑顔〜!
7

 

そんなこんなで、バタバタと蚤の市OPEN!
普段コーツトをご利用してくれているお客様がふらりと多く足を運んでくれたことがとっても嬉しく、
出店者さんが呼んでくれたお客様も沢山ご来店いただき、
仲良しのカフェのお客様も団体で遊びに来てくれて…
賑わう店内はあっという間に数時間が過ぎていきました。
6
8

 

こちらは、苔を使ってワークショップ中。
「苔リウム」制作です♪
3

またまた、素敵な笑顔いただきました〜!12825577_567448676740764_754295116_n

 

 

個人的にやってみたかった「谷根千店舗、あの人から一点」コーナー。
こんなに個性的で楽しいお店が多い谷根千なので、そんな方々から一点集めたら面白いんじゃないか。
「あのお店のこの道具、、、欲しい!」とか、フリマですから、「あのお店の店主さん、こんなの出してる〜!」とか。
売れる売れないだけじゃなく、そういう街ぐるみな身内ネタをしてみたかったのです。。。
「このお店は知らないな〜どこにあるの?」という話にもなり、繋がりが続きそうな会話もありました。
今回、忙しいなかにも関わらず、快く出品してくれた谷根千店舗の方々…!本当にありがとうございました!
Evernote Camera Roll 20160306 213230Evernote Camera Roll 20160306 213231Evernote Camera Roll 20160306 213232Evernote Camera Roll 20160306 213233Evernote Camera Roll 20160306 214036Evernote Camera Roll 20160306 214037Evernote Camera Roll 20160306 214038Evernote Camera Roll 20160306 214039Evernote Camera Roll 20160313 224607

 

 

昔から買い付けに憧れがあり、”蚤の市”という単語を使いたくてこのイベント名にしました。
直訳すると「ボロ市」ですが、そう言った雑多な物たちの中から、「これ!」と思える物が見つけられるような。売る側としてはもう不要だと思ったものでも、他の人からは欲しかった物だったりするような。
そんな風に、掘り出し物を探せたり、物を捨てずに次の人へ渡るようなイベントになったらなぁと思います。
物を持たない・物を捨てる、そんな流れが強い近年ですが、
物に対しての見方や考え方が変わるきっかけにもなるかもしれませんね。
(ちなみに私は物が多く、どれにでも思い出が出来てしまって捨てられないタイプです。。。)

 

またいつか、第二回も開催したいと思います。
希望が多かったら夏か………1年後の、また冬か。
物だったり出会いだったり思い出だったり、、、そういった日々の楽しさを探しに、またぜひ遊びに来てください。

written by TSUBAKI.

 

REPORT:ギターとフルートの演奏会 ...2016/02/03...

024319784209-1

先日の「ギターとフルートの演奏会」、ご来場いただいた皆様ありがとうございました!
座席は満席、スタンディングにも多くご予約いただきました。

素敵な演奏に酔えるだけではなく、
音楽や映画の小ネタ話を織り込みながらの演奏会。
贅沢な時間を過ごすことができました。

今後、カフェでの演奏会は定期的に開催を検討してくれているようです。
絵を描くこと、音楽を奏でること、表現の一環として色々なことが身近に感じられる生活。
音楽に対しての知識や経験が少ない私ですが、日常でこんなに素敵な音楽を身近に感じられることは、とても嬉しいことです。

演奏会だけでなく、普段から楽しいお二人。
ありがとうございました!
また、いつか。

Written by TSUBAKI.

12632962_939905172761928_1882089770_oS__13041677

 

REPORT:COUZT忘年会2015! ...2015/12/31...

2016yearendparty

先日の忘年会では、ありがとうございました!
50名前後の方々にご来店いただき、楽しい一時を過ごす事ができました。
毎年足を運んでいただいている方も、「来るよ」とお声がけいただいていた方も、ひょっこり遊びに来てくれた方も。
お世話になった方々に勢揃いしていただき、自分が1番この1年を振り返れる会だなぁ…と、贅沢な気持ちを味わわせていただきました。

12458728_660644137372227_573703048_o

コーツトの広さだと、ギュウギュウ詰め…!
あちらこちらで話の華が咲き、お酒がすすみ、ゲームが始まり。ワイワイと。

250191_912780902137331_1230047729828532260_n-1忘年会では、秋田まで行って仕込んで来た生ハムも届き、その入刀式!
生ハムブログ:http://www.couzt.com/archives/3167
受付の際に豚チケットをお渡しし、そのチケットと交換で生ハムをご提供させていただきました。
jamon_serrano_s

 

12463731_490916197752988_1836682856_n
18:30頃〜のスピーチタイム。
紹介したいこと、宣伝したいこと、発言したいこと、何でも良いので全員に聞いて欲しい事を発する場を用意しました。
そこで、なんと生演奏で宣伝も。
1/30(土)夜〜コーツトでライブのある「フルートとギターの演奏会」の岩崎さんと五十嵐さん!
生で突然演奏が始まる、そしてそれぐらい音楽が身近にある……とても嬉しいことです。
こちらのお二人の演奏会につきましては、ご予約お待ちしておりますのでお気軽にどうぞ。

 

12435741_490916201086321_1141917255_n
また、COUZT SHINBUNでは少し掲載していた「スタッフシャツ」のお披露目会も!
まだ年始から切り替えはいたしませんが、近々スタッフの多くが着ることになる予定です。
こちらはまた改めてご紹介いたします。

 

 

2015年のコーツトでは、
家具や家具配置が1日ごとに大きく変わり、
展示やライブイベントが例年より多く、
発行物を初めてきちんと出すことのできた1年でした。
お客様をはじめ、業者の方々、スタッフ、家族……今年も大変お世話になりました。
いつも本当にありがとうございます。

2016年も、どうぞよろしくお願い致します。
written by tsubaki.

 

REPORT:羊のまきもの展 / yu-yarn 保倉友子 ...2015/12/10...

DSC_0012

2015年秋のコーツトは、「コーツト6周年!のSHINBUN」から始まり、「世之介日記」「羊のまきもの展」「亀の子束子 記念展」等々。
多くの展示を開催することができました。
過去ここまで連続して展示を行う事がなかったので、日々店内の変わり様に、驚かれた方もいることと思います。
主催者の皆様、この度はコーツトカフェを使って展示をしていただき、ありがとうございました。
この場をお借りして、改めてお礼をさせていただきます。

さて、今回はその中の「羊のまきもの展 / yu-yarn 保倉友子」の展示レポートを簡単にさせて頂きます。
羊の毛を刈るところから自ら刈り、ゴミ処理をし、染色をし、糸紡ぎをし、編み上げる。
今回はその編物のオーダーができる受注会も開催されました。

DSC_0020

シャツに、その編み上げたマフラーやカーディガン等を巻き付けて展示。
(なんと、保倉さんはシャツも自ら手がけています。)
洋服を壁面に展示する…というのは、コーツトでは初めて。
たまたま初めてコーツトにご来店したお客様からは、「洋服屋さん?」と尋ねられました。
大きな窓から覗いた店内は、なかなかに面白かったなぁと思い返します。

 

DSC_0029

こちらは、ベーさんという羊の毛を使用。
毛を紡がずに、そのまま贅沢に使用してまきものにしています。
まさに、キュート!という単語がピッタリなアイテムです。

 

iDSC_0022 2

金曜夜は毎週「KNIT NIGHT(ニットナイト)」、ソファを囲んでのんびり編物をする…というイベントも。
予約も不要で、適当な時間に編物道具を持ち寄ってもらい、各々編物を。
保倉さんは編物やシャツに対しての知識(と熱意)がとっても豊富なため、相談・アドバイスもしてくれます。

そしてなんと、写真の糸車をつかって糸紡ぎ体験まで!
絵本に出てくるような、こんなに可愛い糸紡ぎの体験は、なかなか出来ないのではないでしょうか。
ニットナイトは、蓋を開けてみたら「ゆっくり編物をする……」より、糸紡ぎで楽しく過ごされる方が多かった印象です。

コーツトで編物をしている方を見かけると、(私だけかもしれませんが)その姿にとても癒されます。
やはり、リアルな物を作っている姿には魅力があり、惹かれるのでしょうか。

 

DSC_0022

搬入の時に、保倉さんが持ち込んでくれたティーコゼー。(帽子じゃないですよ!)
あまりの可愛さにノックアウト!
コーツトでポットのお茶をご提供する際に、度々使用させていただきました。
受注会では、こちらのオーダーもいくつかあったようです。
「糸がフェルト化”するもの””しないもの”の2種類を使い分けて、柄に合わせてモコモコしたりしなかったりを表現しているんです。」と、1つの物を作る時のこの熱の込めよう。
いつかこのティーコゼーを、ポットと共にコーツトでも販売したいなぁ。

 

DSC_0030

物販もとても豊富。
・羊の毛をそのまま使ったフワフワのブローチ
・ミニトートバック
・編物に対してのつぶやきが詰まったミニコミ
・プンさんとベーさんの毛を刈って、糸紡ぎした小さな毛糸玉
・プンさんとベーさんの毛を使って作った、羊の人形!
※プンさんとベーさんは、羊個体の愛称です。

トートバック等の布にプリントされている絵なども、実は保倉さんがご自分で布にプリントしたものを使用しています。
す、すごい。。。

DSC_0036

こちらの小さな毛糸玉は、残り数個ですが、引き続きコーツトで販売しています。
大量生産できないアイテムなため、お早めにお買い求め下さいませ。

DSC_0034

編物に対しての、保倉さんの知識・考えてる事・思った事・つぶやきが詰まったミニコミ。
「各席に一部づつ置いて、編物をもっと身近に…」とのことです。
イラストも沢山で見やすく、こちらもオススメ。

展示が終わってからは、受注会でオーダーいただいたアイテムをせっせと制作する期間に入るそうです。
私もオーダーしたアイテムを、楽しみに待とうと思います。

そして、まきもの展が終わると共に、いよいよ冬本番です。
written by TSUBAKI.

 

REPORT:キャンドルと音楽 “Candle of Life” ...2015/10/28...

3a
5
先日土日では、コーツトカフェでキャンドルと音楽のイベント「Candle of Life.」が行われました。

【 about Candle of Life 】
公式ページ:http://funneloflife.com/event/candleoflife/
主催:Funnnel of Life & biancabianca

上記写真は、店内のライトを消してキャンドルのみを灯しての撮影です。
店内と店外に、さらに上下両方からキャンドルを灯しているので、不思議な奥行き感がうまれています。

コーツトのシンボルでもある大きな窓との相性もよく、非日常なイベント空間に。

1
4

その中で、1日2組を2日間連続。
合計4組のアーティストが演奏をしました。
今回のアーティストさんたちの曲が入ったコンピアルバムは、HPにて入手することも出来るそうです。
詳しくはFunnnelさんのHPへどうぞ。

2キャンドル作家さんは、海や空、惑星をモチーフとしたキャンドルを制作しています。
個人的には、海のキャンドルと、惑星キャンドルが順番に並んだ姿がお気に入り!

 

menuイベント限定のコラボメニューも!
希望していただいた色やテーマを元にしています。
コラボメニューが出来るほど、コーツトも余裕が出て来たんだなぁ〜…と思いきや、日にちが近くなるとやっぱり忙しくバタバタしてしまい、スタッフには大変な思いをさせてしまいました。
でも、打ち合わせをワクワクして行い、新しいものが生まれるのは楽しいですね。

 

20151002-1410月頃〜イベント当日までの間、コーツトでは宣伝も兼ねてキャンドル作家さんのキャンドルを夜な夜な灯させていただきました。
存在感のある立派なキャンドル、皆様お楽しみいただけましたでしょうか。

と、ここまでブログを書いてる私ですが、イベント当日………実は不在でした。
そのため、当日の音楽の素敵さや雰囲気の良さをリアルな体験としてお伝えする事ができません。
ですが、素敵なイベントだったとお客様やスタッフにもお伝えいただいています。
次こそはぜひ、私も参加したい。なので、また次回も開催していただきたい!と思っています。
今回、私と同じで泣く泣く参加できなかった方、又は、後からイベントの事を知った方がいらっしゃいましたら、ぜひ次回は一緒に。いかがでしょう。

written by TSUBAKI.