映画『The Lost Coin』上映会+ダイアローグ ...2017/09/05...

20638704_1890963897837663_8333046039197286634_n

====================
映画『The Lost Coin』上映会+ダイアローグ vol.3
====================

『 The Lost Coin 』について
http://www.facebook.com/thelostcoin.film
2016 / 30min. / ドキュメンタリー / 英語・スペイン語(日本語字幕)

監督・制作・撮影・編集:山岡 瑞子
出演 : エレナ・トドロヴィッチ ほか

新年に浮足立つバルセロナ。
フランス人女性エレナはかつて恋人と訪れた海岸での転落事故で脊椎を損傷した。
以来、少しずつ破綻していった恋人との関係、性生活、パリには暮らせなくなった理由…。
突如として不自由の枷に囚われた女性の孤独に、同じ障害を負った女性監督のカメラが追う。
New year’s day in Barcelona. A French woman Jelena who is damaged her spinal cord by a falling accident on the coast where she visited with her boyfriend. Since then, their relationship gradually fall apart. Their sex life had changed, and she had to leave from Paris because the city is not kind for a wheel chair user… Mizuko(director) who has the same disability with Jelena followed and filmed her feelings and loneliness.

************************************************
『The Lost Coin』上映会 vol.3の開催が決定しました。今回は監督・山岡の友人であり、障碍や病いをめぐる対話の場づくりを地域で主催している孫大輔さんをファシリテーターに迎え、上映+ダイアローグ(対話)の会を行います。映画を楽しみたい方にも、またダイアローグの場を体験してみたい方にも、意味のある上映会になれば良いなと思います。ぜひ、ご参加下さい。(山岡瑞子)
“The Lost Coin screening vol.3” will be held. This time, director of Mizuko’s friend,Dr. Son who is hosting a dialogue on disability and illness in the YANESEN- area as a facilitator. It will be a screening + dialogue . I hope that it would be good to have a meaningful screening for those who would like to see the movie and those who would like to experience the dialogue. Please join us!
************************************************

【ファシリテーター*Facilitator】
孫 大輔(医師、みんくるプロデュース代表)
Daisuke Son (M.D., dialogue facilitator)

【開催日時*Date】
2017年9月14日(木)
Open 18:30
Start 19:00
Close 21:00

【参加費*Entry Fee】 ¥1,300(w/One Drink)
【定員*Capacity】  20名(予約推奨)
【場所* Place】  コーツトカフェ COUZT CAFE + SHOP

【申し込み*Application】(下記フォームより登録)
https://goo.gl/forms/ICmYkqeYEvlUwjrm1
※ご予約のない方や希望者数次第では、お立ち見になる場合がございます。
※キャンセルの場合も上記フォームよりメッセージ下さい。

【進行予定*Program】
19:00~19:15 オープニング Opening
19:15~19:45 上映 Screening
19:45~20:00 山岡監督トークセッション Talk Session w/director
20:00~20:50 ダイアローグセッション Dialogue session

====================
====================

『The Lost Coin』の監督:山岡瑞子は、米国での交通事故で頚椎を損傷し、帰国を余儀なくされ、事故以降、車イスを使用しています。
08年にデンマーク留学中、映像という手段で出来ることはないか、と、自らの視点から映画制作を始めました。
そこで、「小さいビデオを使って一人で表現することで、発信したい。世の中に問いたいことを映像化することで、その先の、映像化されたものを観た人の心を揺らす」というビデオアクティビスト・土屋豊監督の考え方に共感し、世の中に問いたいこととしてこの作品を完成させました。
Director of “The Lost Coin”: Mizuko YAMAOKA damaged the cervical vertebrae by a traffic accident in the United States and was forced to return to Japan and has used wheelchairs since the accident.While studying in Denmark in 2008~09, she began film production from her point of view as to what she could do with film.Then,she met a film director & video activist: Yutaka TUCHIYA and influenced by his idea of making film,”I want to transmit by expressing with a small video by myself, beyond that, I want to shake the hearts of those who saw what was visualized by what I would like to ask to the world”. She completed this film as a question to the people.

この映画は、新年に浮足立つバルセロナで、突如として不自由の枷に囚われたフランス人女性の孤独を、同じケガの後遺症を持つ監督が追う映画です。監督自身と同じように、一番華やかな時期に障碍を負ってしまった女性の恋愛、性生活、そして孤独を、バルセロナの日常の風景の中、語られます。
This film is start from the new year’s day in Barcelona. A French woman who has a same injurey( spinal cord injury) as this film director Mizuko, talks about her romance,sexual life, and loneliness :being hurt by the most glamorous time of life,It is told in the everyday landscape of Barcelona.

会場は、昔ながらの家々が残る根津のコーツトカフェです。古くて落ち着きのある家具や、手作りのものが溢れる素敵な空間で映画をご鑑賞下さい。後半は、孫さんがファシリテートするダイアローグセッションを予定しています。
The venue is the Nezu Cozt Cafe where old-fashioned houses remain.Please watch a film in a wonderful space full of old and calm furniture and handmade items.The second half is planning a dialog session with Mr. Son’s facilitate.

====================

【山岡瑞子 * 略歴】
東京生まれ。1998年にブルックリンに移り、プラット・インスティチュートを卒業、BFAを2002年に所得。その数週間後に交通事故で頸髄を損傷し入院、帰国。それ以降車イスユーザに。2009年に映画美学校ドキュメンタリー初等科で映画制作を学ぶ。東京在住。独立映画鍋会員。
【Director’s biography】
Born in Tokyo, Japan. In 1998, Move to Brooklyn, NY and graduate from Pratt Institute, got BFA in 2002. A few weeks later from graduation, injured spinal cord by car accident. Hospitalized and went back to Tokyo. Since then, wheel chair user. Studied documentary film making at The Film School of Tokyo in 2009. A member of Independent Cinema Guild(http://eiganabe.net/)

【孫大輔 * 略歴】
医師、大学教員。2010年から健康や病いをめぐる対話の場づくりを主宰(一般社団法人みんくるプロデュース)。また、2017年よりフィンランドの医療福祉分野における「ダイアローグ」に関心を寄せている。
【Daisuke Son’s biography】
Medical doctor, lecturer at the University of Tokyo. He continues to host an activity of dialogue on health and illness issues among citizens and health professinals since 2010 (Mincle Cafe). Recently he is interested in the new approach “Open Dialogue” originated from Finland, which ease the pain and worry of mentally ill patients.

 

ショートフィルム上映 & 一人芝居「猿芝居」「遠くて近いフェアウエイ」「お母さん ぼく 星になったよ」 ...2017/06/19...

定休日イベントのご紹介です。
日本のショートフィルム上映と、一人芝居!
主演俳優の串間さんご本人と、監督の渡邉さんも来場していただける、贅沢なイベントです。
コーツトで行われる一人芝居は初めて。
どんな空間になるのか、今から楽しみです。
お席に限りがありますので、ご予約はお早めにどうぞ!

18575454_1503669959684511_488404004_o

〜 串間保の部屋 〜
1)ショートフィルム上映「猿芝居」「遠くて近いフェアウエイ」
主演:串間保、監督:渡邊世紀
2)一人芝居「お母さん ぼく 星になったよ」
3)俳優の串間保、映画監督の渡邉世紀による映画トーク&懇親会

日にち:2017/06/29(木)
時間:18:30 open / 19:00 start(約2時間)
参加費:一般 2,500円 / NPO会員 2,000円
※別途、1ドリンク(500円)要オーダー

場所:COUZT CAFE
予約:店舗又は主催者(担当田中 m.fortunenet@gmail.com)まで。

< 主催 > NPO無形価値評価・認定センター
< 担当 > 田中(m.fortunenet@gmail.com)
< 協力 > 串間保・渡邊世紀・コーツトカフェ

 

ーーーーーーーーーー

18618829_1503670043017836_1329666630_o

上映作品 「 猿芝居 」 について
ある家に空き巣に入った男。そこで、その家に住む女の元彼氏と鉢合わせしてしまう。
女の「今の彼氏」のフリをして切り抜けようとする空き巣だが…リアルタイムで描かれるサスペンスコメディ!
出演:串間保 横堀秀樹
プロデューサー:田中真人 脚本・監督:渡邊世紀
製作・著作:株式会社フィルムメーカーズクラブ
予告編 https://www.youtube.com/watch?v=8mVz3kxCfaA

18596566_1503670256351148_741611_o

 

映画上映会「白夜のタンゴ」by フィンランドの森から ...2017/02/05...

タイトルロゴmain_白夜のタンゴ

「白夜のタンゴ(原題:Mittsommernachtstango)」
83分カラー / ドイツ、フィンランド、アルゼンチン / 2013年 / 公式HP

北欧、白夜のフィンランドが舞台のちょっと不思議な音楽&ロードムービーです。
アルゼンチンの国民的音楽であるはずの「タンゴ」の起源は、な、なんと!北の果ての国フィンランド、うーん?それが本当かどうかは映画を見てのお楽しみ。

自然豊かなフィンランドの景色を背景に、アルゼンチンからの旅人が出会うシャイで寡黙なフィンランド人たち、そして彼らの暮らし方もこの映画の見所のひとつです。
ラテン気質のタンゴミュージシャンたちと、のんびりユーモラスなフィンランド人との掛け合いもおもしろそう。
フィンランドならではの、移動式サウナも登場します。
バンドネオンの音色とともに、旅しようよ!
(フィン森ブログから)

 

日時:2017年3月8日(水)
    19:00 開場
    20:00 上映開始
    21:30頃 終映予定

料金:上映参加費1,000円 + ワンオーダーお願いいたします。
会場:COUZT CAFE + SHOP
*映画が終わったら、飲みながら、おしゃべりしながら、ゆったりひと時をお過ごし下さい。

【ご予約】
下記のリンク先”Meet Up”というページにて参加申込をお願いします。
https://www.meetup.com/ja-JP/FinnMori/events/237360374/
※Meet Upが難しい!という方は、「フィンランドの森から」を運営するランピオナイオ問い合わせページからも申込できます。(ランピオナイオ問い合わせページ http://lampionaio.com/contact

sub1

【上映会主催”フィンランドの森から”、とは?】
“フィンランドの森から”を運営しているランピオナイオさんは、フィンランドのランプを日本で紹介しています。
その過程で、ものづくりの背景にある暮らしや自然がその製品を生むと感じるようになりました。
— 長く暗い冬のフィンランドのデザインはシンプルで楽しい。 —
フィンランドの森から届いたランプと共に、地球に優しく、楽しくナチュラルな暮らしを実践するきっかけになるコンテンツを散りばめた企画を展開。
フィンランドの人々の自然への親しみ、そしてナチュラルな暮らし方と共振するコンテンツが集まる、それが「フィンランドの森から」です。

<フィンランドの森からHP>
http://finnmori.net

<フィンランドの森から、でのCOUZT映画上映会告知ページ >
http://finnmori.net/byakuyatango-294/

sub11アルゼンチンからやってきたミュージシャンたち。

sub4フィンランドの人たちも歌います。

sub5フィンランドには湖と森が本当に多い。

配給・写真提供:トレノバ

 

シネマナイト「映像の世紀」 ...2016/10/25...

コーツト第2・4水曜は定休日。
お休みの夜を使って様々なイベントを行っています。

cinema_naight

第9回シネマ・ナイト
「映像の世紀」

2016/11/9(wed)
19:00 open
19:30 start
※入場無料、ワンオーダー以上お願いいたします。
(フードは一部ご利用できます。限定スナックもご用意。)
※定員有、要予約。当日お席に空きがありましたら飛び入り参加もご案内できます。

【上映作品「映像の世紀」について】
1996年 NHK

20世紀は人類が初めて歴史を「動く映像」として見ることができた最初の世紀です。
世界中に保存されている映像記録を発掘、収集そして再構成した画期的なドキュメンタリーシリーズ。

今回はシリーズ第一話「20世紀の幕開け」を上映します。

20世紀初頭は世界中を支配していた王朝国家がいずれも最期のときを迎えていた時代。
世界各国の様子を紹介しながら、世紀末〜第一次世界大戦までの時代を構成していきます。
そこには、不自由な手で絵筆を握る晩年のルノワールやモネ、大衆のスターだったことを偲ばせるトルストイ、二月革命で騒乱状態のロシアを目撃したダンサーのイサドラ・ダンカンなどが時代の証言者として登場します。

ーーーーーーーーー

活字とはひと味違った映像ならではの迫力と臨場感あふれる映像で激動の20世紀を浮き彫りにします。
耳に残るテーマソングが印象的です。

written by Obata.

 

【今までのシネマ・ナイト】
第一回シネマナイト「STAND BY ME(スタンドバイミー)
第二回シネマナイト「Galaxy Quest(ギャラクシークエスト)
第三回シネマナイト「ホテル・ハイビスカス
第四回シネマナイト「SIMON BIRCH(サイモン・バーチ)
第五回シネマナイト「GOD HELP THE GIRL(ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール)
第六回シネマナイト「第三の男(The Third Man)
第七回シネマナイト「怪盗グルーの月泥棒
第八回シネマナイト「ポセイドン・アドベンチャー

 

シネマナイト「怪盗グルーの月泥棒」 ...2016/05/12...

コーツト第2・4水曜は定休日。
お休みの夜を使って様々なイベントを行っています。

cinema_naight

第7回シネマ・ナイト
「怪盗グルーの月泥棒」

2016/5/25(wed)
19:00 open
19:30 start
※入場無料、ワンオーダー以上お願いいたします。
(フードは一部ご利用できます。限定スナックもご用意。)
※定員有、要予約。当日お席に空きがありましたら飛び入り参加もご案内できます。

シネマ担当の小畑です。今回のシネマナイトは、スタッフのまどかさんの推薦で
「怪盗グルー」シリーズ第一作目、「怪盗グルーの月泥棒」を上映します。

本作の見所を、まどかさんに紹介してもらいましょう。

【上映作品「怪盗グルーの月泥棒」について】
2010年のユニバーサル・ピクチャーズ製作。

郊外の秘密基地で暮らす怪盗軍団ミニオンのリーダー・グルーは、あらゆる兵器を使って盗みや嫌がらせをする事が大好きな卑劣漢。
世界一の悪党を目指す彼が狙うターゲットは、何と月だった。
グルーは、月を盗む為の秘密兵器「縮小ビーム銃」を手に入れるが、作戦決行の矢先にライバル怪盗・ベクターに銃を盗まれてしまう。
グルーは彼の家に出入りする三姉妹を利用して、何とか銃の奪回に成功したのだが、何故かその三姉妹に懐かれてしまい、共同生活を送ることになってしまう。

—————

本作の見所は、笑いあり涙ありのハートフルコメディなストーリー展開と、なんといってもミニオン達。
グルーの手下としてせっせと働いているように見せかけて、サボるしふざけるし遊び放題…
しかし忠誠心が強く、グルーのことが大好きなミニオン達。独特の動きと喋り方が悶絶の可愛さなのです。
子供のような、動物のような、なんとも憎めないキャラクターに釘付けになること間違いなし!

今回上映する「怪盗グルーの月泥棒」を皮切りに、スプンオフを含めて3作が公開されている「怪盗グルー」シリーズ。
スピンオフ作品「ミニオンズ」公開後は、街中に黄色い彼らのグッズが並ぶほど、「ミニオン」中毒者が続出しました。

ハイクオリティなCG映画としても話題の作品で、キャラクター達の質感や表情など、繊細な描写も注目ポイントです。
百聞は一見にしかず、ぜひミニオン達の可愛さをスクリーンで堪能してください!

written by Madoka.

 

【今までのシネマ・ナイト】
第一回シネマナイト「STAND BY ME(スタンドバイミー)
第二回シネマナイト「Galaxy Quest(ギャラクシークエスト)
第三回シネマナイト「ホテル・ハイビスカス
第四回シネマナイト「SIMON BIRCH(サイモン・バーチ)
第五回シネマナイト「GOD HELP THE GIRL(ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール)
第六回シネマナイト「第三の男(The Third Man)