ecute日暮里「ようこそ ひぐらし商店の世界へ」おちこちバトン参加 ...2021/10/05...

10月4日(月)〜10月24日(日)

<COUZTも参加させていただいている企画のご紹介です。>

「もし、エキュートで日暮里の『おちこち』にある地元のお店の味を楽しめたら・・・。」
「日暮里にこんなお土産があったらいいな・・・。」
そんな想いをカタチにしました。
地元日暮里に店舗をかまえる創業80年の鮮魚店「冨じ家」と創業70年の食肉専門店「千駄木腰塚」がコラボレーションした、老舗の味を一度に楽しむことができるお弁当をはじめ、「塩とオリーブオイル」の専門店として2015年「上野桜木あたり」にオープンした「おしおりーぶ」厳選の調味料とエキュート日暮里内のショップ自慢の素材がコラボレーションしたお惣菜や、地元ゆかりの食材である「「谷中生姜」を使用した焼菓子など、地元のお店や食材とコラボレーションしたここでしか味わえない商品を販売します。さらに、地元のお店がエキュート日暮里に期間限定でやってきます。

・・・

ひぐらし おちこちとは?
かつて見晴らしの良い庶民の憩いの場として人気の景勝地であった「ひぐらしの里 日暮里」。
現在もこの街の「あちらこちら」には、どこか懐かしく温かな下町情緒と新しさがゆるく溶け合っている魅力があります。
「ひぐらし おちこち」は、そんな日暮里の現在・過去・未来の魅力をお届けするプロジェクトです。これまで、エキュート日暮里のアイコンである日暮里繊維街の「のれん」、フリースペースの昔の日暮里周辺の地図が描かれた「てーぶる」、JR日暮里駅コンコースにある荒川区の産業で作られた「べんち」を設置しています。

※「おちこち」=「遠近」「あちらこちら」「昔と今」「現在と未来」

<ecute日暮里Instagram> @ecute_nippori

—————————————-

いざ、駅の中にも外にも散らばる『おちこち』の魅力を探す旅へ。

「 おちこちバトン 」

ecute日暮里内イベントスペース”ヒメクリ”にて

日暮里界隈のお店がエキュート日暮里に出張出店 !
大正時代より営む佃煮屋さんから最近オープンしたカフェまで、
様々なお店を「ばとん」で繋ぐように、お互いのお店を紹介しながら出店をします。出店商品を少しずつ味わえる、「おちこちばとんセット」や、実際のお店で楽しめる特典もご用意しております。

—————————————-

 

こちらの「おちこちバトン」に、ご縁ありCOUZTも参加しています。
今回お買い上げの方には「おちこちクーポン」というものも配布されるされるようなのですが、各店舗で使えるためスタンプラリーのようで、お住まいの方々にも楽しんでいただけそうです。
コーツトでは「2019年に発行した谷中キッテ通りオリジナル切手82円」をプレゼント!
こちら、そうそう出てこないレアアイテムですので、ぜひゲットして欲しいです〜
切手片手に谷中キッテ通り自体も楽しんでくださいね◎

 

SHANTI RIOT jewellery Exhibition 2021 ...2021/09/21...

大地のエネルギーが凝縮された
小さな石の中には大きな宇宙
遊び心とエレガンスを合言葉に
平和で寂静な反乱をおこそう
 

「 SHANTI RIOT Jewellery Exhibition 」
2021.10.1 (fri) 〜 10.26(tue)
コーツトカフェ営業ない & 木曜(カフェ定休日)にて貸切販売
 

***** 木曜(カフェ定休日)にて貸切販売について *****
毎週木曜14:00〜19:00
※飲食なし

コーツト営業中のほか、カフェ定休日の木曜をRIOさんだけの貸切ジュエリー販売としてOPENいたします。
カフェ通常営業のなかだとコロナ感染が気になる方はぜひこちらの時間をご利用ください。
==================================================

SHANTI RIOT
Shanti:シャンティ=大いなる平安・平和・寂静、穏やかで平和なこころの状態(サンスクリット語)
Riot:ライオット=暴動・騒動・反乱、(笑いや感情などの)奔出・爆発、お祭り騒ぎ

RIO:SHANTI RIOT デザイナー
shantiriot.exblog.jp
東京都出身
2003年より彫金を始める
2006年インド北部ジャイプールの Gem Testing Laboratoryにて宝石鑑別のディプロマ修得
日本市場では珍しい原石(研磨する前の天然石)を多用し、インドとネパールで制作を行っている

———-
2017年・SHANTI RIOT jewellery Exhibition 2017
2018年・SHANTI RIOT jewellery Exhibition 2018
2019年・SHANTI RIOT jewellery Exhibition 2019
2020年・SHANTI RIOT jewellery Exhibition 2020

 

 

 

三遊亭好青年 池之端落語会 前 トークイベント ...2021/09/16...

落語会の前のトークイベントにコーツトカフェをご利用いただきます。
コーツトではお馴染み、ひるねこBOOKS小張さんがゲスト!
まずは落語会をぜひチェックお願いします♪

落語会予約先:johannilssonbjork@gmail.com
※COUZTでのトークイベントにも参加希望の方は、予約の際に参加の旨をお伝えください。

 

展示「Porque? – Porque ART Exhibition 2021」 ...2021/08/26...


Porque?
Porque ART Exhibition 2021
2021/09/06(月) 〜 09/26(日)

 

今年も、アトリエに集まる人々の、展覧会を開く運びとなりました。
いつもと違うのは、大人も参加する、というところです。
Porque ARTのメッセージでもある「大人も、子どもも」が
ようやく実現したことを、とても嬉しく思っています。

それから

やっぱり、今年もおちついて展覧会をゆっくりご覧いただくのは
ちょっと気持ちが憚られるかもしれない、と思ったので
出品作のイメージから切手のイラストを描き
それを今年のメインイメージにしました。

なかなか会えないご時世だけど
だから一層、手紙や贈り物を送る仕事が、愛しく思えるこの頃です。
作品を観に来れないあの人へも届きますように、と
そんな想いを込めました。

お近くの方は、ぜひお越しいただいて
ご覧いただけると嬉しいですが
ご無理のないように、お願いいたします。

今年はInstagramで、出品作品の紹介もしたいと思っていますので
そちらもチェックしていただければと。

 

振り返ると、昨年は急な生活の変化に
子どもたちも「これまでの日常」がない寂しさを
言葉にはしないけれど、制作で紛らわしているようにも見ていました。
今年は学校、保育園、幼稚園の受け入れが少し和らいだからか
すこしずつ、彼らが「これも日常」と順応したからか
昨年よりかは、落ち着いて制作できているように見え
実は、少し安心しています。

今年も、子どもたちの思い思いに任せて
ひやひやする自分を抑えて(笑)、制作を進めました。
なかには、展覧会に出さない、という選択も視野に入れ
考えている人もいます。
主宰として、大人として、その選択は残念なようにも思いましたが
そもそも、表現活動の根源には「自己の充実」があります。
自分のためだけにつくる、ということは、認められて然るべきです。
展覧会まで、あと2週間たらず。
その人はまだ答えを出していません。
どのような答えも尊重して
それぞれのアートの付き合い方を全面応援できる場所でありたいと
「楽しい!」「なんだろう!」「できた!」が引き出せるように
そんな気持ちは、作品からもきっと伝わるはずなので
ご覧いただく皆様にも、ありのままを、お楽しみいただけると幸いです。

店頭には、2020年度、2019年度の記録集を並べます。
どちらも製本は手作りです。
2020年度のものは
デザイナーの 小池万友美 さんに、お力をお借りしました。
可愛くできたので、是非お手に取っていただけると幸いです。

ご来店に際しまして、
COUZT CAFE + SHOP はカフェ&レストランです。
ご来場の際はワン・オーダーをお願い致します
また、コロナウィルス感染症感染防止のため
ご家族ではない4名以上のご利用を、お断りしております。
加えて、営業時間が急遽変わる可能性があります。
最新情報はカフェHPにてご確認ください。

 

どうぞ、多くの方に
展覧会、SNSともにご覧いただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

Porque ART 三木麻郁

Porque ART 公式サイト
https://porque-art.tumblr.com

本展示会告知サイト
https://porque-art.tumblr.com/post/660492324049141760/porque-porque-art-exhibition-2021

 

詩人・菅原敏による「夜の読書館」2nd シーズン ...2021/08/09...

菅原敏が館長を務める「夜の読書館」が、
2016年、東京ミッドタウンから谷中「COUZT CAFE」に場所を移しました。
2017年も引き続きCOUZT CAFEで開館いたします。
声のない読書舘として、これからもあなたをお待ちしております。

館長である詩人・菅原敏は、
場所にしばられず、ひとつどころに留まらず。
ふらりとどこかへ出かけることもあるようです。
(かと思えば、いつもの様にさり気なく現れて、皆さんと共に夜の読書館で本をめくっているかもしれません。)

谷根千の書店さんとのコラボも続きます。
どんな本が並ぶのか、コーツトでゆっくりしながら楽しんでくださいね。
館長不在の日はカフェスタッフが判子を捺します。

logotype_all04

「 夜の読書館 / The Night Library 」

当館は、声のない場所です。
スマートフォンの電源を落とし、心静かに本の世界に潜り込むひととき。
ソファに深く腰掛けて、かすかに聞こえるのはアナログレコードの調べと、ページをめくる音だけ。
この日はCafeスタッフも声を失くしていますので、目配せにてオーダー(キャッシュオン)をお願いします。
珈琲やお酒と共に、声なき読書の時間を、どうぞお楽しみください。

『夜の読書館』館長 菅原敏

 

【 夜の読書館、7つの覚え書き 】

1)当館では、ひととき声が失われます(私語はお控えください)。
2)当館ではスマホに奪われていた魂が身体に戻ります(携帯はOFFに)。
3)お気に入りの本を一冊お持ち下さい(電子書籍は没収となります)。
4)開館時間内のお好きな時間に来て、お好きな時間にお帰りください。
5)仕事のこと、家庭のこと、恋人のことも(ひととき)忘れましょう。
6)読書に疲れたら、目を閉じてレコードの調べに耳を澄ましましょう。
7)読書カードにスタッフが印を捺します。たまると特典があるかもしれません。

logotype_all

『夜の読書館』2ndシーズン @COUZT CAFE
開館日: 毎月第4木曜
開館時間:19:00〜22:00
※時短要請は解除されまたが、カフェの体制を整え中のためしばらく休館いたします。再開の際にはSNS等でお知らせいたします。

会場:COUZT CAFE
館長:菅原敏(詩人)
【夜の読書館、楽しみ方】http://www.couzt.com/archives/5825
【夜の読書館 1st シーズン @COUZT】http://www.couzt.com/archives/5275

※こだわりの珈琲やお茶などの豊富なドリンク、お食事もいくつかご用意いたします
※カウンターにて、キャッシュオンでオーダーください
※カフェの定休日を利用して開館いたします
※館内での私語はお控えください
※お席に限りがございます(全21席)
※開館時間内の出入りは自由です

【Facebook】https://www.facebook.com/thenightlibrary
【Twitter】https://twitter.com/dokushokan

1
sugawara
菅原敏(すがわらびん)
http://sugawarabin.com/
詩人。
アメリカの出版社PRE/POSTより詩集『裸でベランダ/ウサギと女たち』で逆輸入デビュー。
新聞や雑誌への寄稿・執筆のかたわら、スターバックスやビームスなど異業種とのコラボレーション、ラジオやテレビでの朗読、デパートの館内放送ジャックなど、幅広く詩を表現。
Superflyへの作詞提供、メディアプロジェクト『詩人天気予報』、美術館でのインスタレーションなど、アートや音楽との接点も多い。
雑誌『BRUTUS』で連載中の「詩人と暮らし」ほか、WEBメディアでも連載多数。