旅する音楽試聴室 by ETHNORTH GALLERY ...2018/06/20...

「 旅する音楽試聴室 by ETHNORTH GALLERY 」
2018年6月22日(金)〜7月31日(火) お好きな営業時間内
※カフェは木曜定休です
夏季短縮営業7/18〜25(この期間は営業時間が短くなります。)
※貸切営業が入ることもあります、HPをご確認ください

コーツトの焼き菓子をエスノースさんに置いていただいたり、
コーツトにエスノースさんのCDを置いて、音楽からカフェの空間を楽しませてくださったり。
the ETHNORTH GALLERYさんとの、いつもよりぐっと互いの個性を主張し融合できるような新しいコラボ企画が始まります。

the ETHNORTH GALLERY HP(http://ethnorthgallery.com
the ETHNORTH GALLERY 企画ページ(http://ethnorthgallery.com/event/couztmusic/
NATURE BLISS HP(http://www.naturebliss.jp

 

「 zmi / コーツトカフェライブ 」
音楽視聴室に合わせて、コーツトでも人気だったCD”ふうね”のピアニストzmi(ズミ)によるライブを開催。
2018年7月29日(日)
OPEN 18:30
START 19:00 (約60分)
チャージ 2000円+1ドリンク

《ご予約方法》
エスノースギャラリー店頭、またはメールで承ります。
メールのお客様は、件名を「zmiライブ」として頂き、本文に「お名前、お電話番号、人数」を明記の上、info@ethnorthgallery.comまでお送りください。

 

 
————————————————–

*the ETHNORTH GALLERYさんってどんなお店?
皆さんご存知かと思います、谷中散策には欠かせない”谷中よみせ通り”。
エスノースギャラリーさんの店舗は、夕焼けだんだんを降り、谷中銀座を通り抜けてぶつかる よみせ通りを右折し、すぐのところにあります。
「世界の手仕事と音楽」というコンセプトで集められ展示販売される、私たちの知らない、遠い遠いと思っていた国々を身近に感じさせてくれる音楽と衣服・雑貨。
普段なかなか出会えることができないものに触れ、五感を刺激し、日常に深みを出してくれるお店です。

2階で度々開催される、展示やイベントも魅力の1つ。
行くたびに新しい発見(しかもそれがとてもマニアックだったりする)の多いお店です。
その中で定期的に開催されているものに、「音楽視聴室」があります。

 

*音楽視聴室ってどんなの?
ショップのエスノースギャラリーさんは表の顔。
その母体として「NATURE BLISS(ネイチャーブリス)」というレーベル会社があります。
(2007年に設立。音楽&映像ソフトの企画制作やBGM&サウンド制作やライブイベントの企画などを中心とし、世界中の音楽を世に送り出しています。)

約250タイトルにもおよぶCD、何千もの曲を取り扱っているネイチャーブリスさんが、
その多種多様(電子音楽からロック、ジャズやワールドミュージック、実験音楽等々)でとんでもない数の音楽を、視聴し放題にした企画が「音楽視聴室」です。
その時その時でテーマを変えてCDを選んで音楽視聴室を開催されているようですが、それでも軽く50枚ほどのCDたちが並んでいます。
本屋さんにこもって本を手に取ったり選んだり、積み重ねてどれにしようか黙々と悩んだりするように、それが、CDでも出来るのです。
延々と続く、なんて贅沢な時間!

今回のコーツトで開催される音楽視聴室は、15枚近くのCDをご用意する予定。
気になったCD幾枚かとポータブルCDプレーヤー、あとは美味しい珈琲もお席に携えて、まさに古本屋さんで本を選んだりするような探る感覚で悶々と出来る企画です。

…………というのは例えばの楽しみ方。
ひとつひとつのジャケットやアートワークもその音楽を楽しむための大事な要素。
気になったアートワークのCDに心を寄せながら、ハーブティーの香りとともにリラックス。というのも期待したいワンシーンです。

コーツトでの音楽視聴室は、営業時間中であれば何時間でもご利用可能です。
(お席に座られる方はワンドリンク以上をお願いしています。)
お昼から夜まで営業しているコーツトだからこそ、お好みのタイミングでゆっくり過ごしてみてくださいね。
お腹が空いたなら気軽にスタッフに一言、
いつでもお食事とスイーツをご用意いたします。

また、お店が落ち着いていてタイミングが良い時には、コーツトのスピーカーで店内BGMとしてCDを流すこともできます。
空間で聞くことも、イヤホンと違って良いものです。
その差もぜひお楽しみください。

 

*レーベル聴きをしてみよう
さて、ここでCDの楽しみ方でもある「レーベル聴き」についてご紹介!
本の各出版社さんごとに個性があるように、各レーベルにも個性があります。
羽鳥書店さんが出版される本、ひるねこBOOKSさんが(レーベルとして)出版する本…。
それは各ジャンル(ガーデニング〜や、政治〜など)を超えた、分類分けの一環でもあります。
“同じ経済の本であれば、私はこちらの出版社さんのものを読もう”という選び方にもなるわけです。

まさにそれがCDでもできます。
例えばネイチャーブリスさんのCDは、14つ(多いですね!)のレーベルに分かれています。
その音楽性により、どのレーベルマークをつけるかを決めているのです。
なので、同じアーティストさんのCDだとしても、レーベルマークが異なることもあります。
つまり、「このCD好きだな」と、好みを見つけたら、そのレーベルマークと同じ他のCDをチェックすることによって、自分好みの音楽と出会えやすいのです。

 

*レーベルのご紹介
以下がネイチャーブリスさんが持つ、レーベルの一部です。

SPEKK (スペック)
「様々なミニマリズムの解釈」をテーマに、電子音楽、バンドものから即興、フィールドレコーディングまで幅広く世界中の「小さな音」をリリース。
>> CATALOG  >> LABEL SITE

 

Kaico (邂逅)
2013年始動。未だ聴いた事のない未知の音楽との“邂逅”を目指し、新しい世代の音楽家を中心としてコンスタントに世界へ向けて紹介していく。
>> CATALOG  >> LABEL SITE

 
 

LANTERN (ランターン)
テクノ・ダブからロイ・デービズまで、ミニマルなビートから極太なビートまで。痒い所に手が届いた、多種多様なリズムと個性に焦点をあてたレーベル。
>> CATALOG

 

panai (パナイ)
世界のどこかでとんでもない音を鳴らしているとんでもない人たち。用語検索や、ジャンルの棚には引っ掛かりづらい「その他たくさん」の音楽を意識的に、伝わり易く紹介していくレーベルです。
>> CATALOG

 

Wonderyou (ワンダユー)
シンセサイザーを中心にめくるめく世界の底抜けに明るい音楽を発掘することを目的としています。
>> CATALOG  >> LABEL SITE

 
 

PLOP (プロップ)
2001年12月に設立。PLOP = 水がパシャンと跳ねる音。レーベル名が現すように、音そのものの心地よさ、また水のように透明でブルーな印象の音を志向する。
>> CATALOG

 

NATURE BLISS (ネイチャーブリス)
世界中の良盤の国内盤化、独自企画盤を始め、どのレーベルにも当てはまらないような、強烈な個性を持つフレッシュなアーティストをリリースするレーベル。
>> CATALOG

 

happy prince (ハッピープリンス)
その名を、オスカー・ワイルドの童話から取ったレーベル。新しく普遍的なエモーションの表出を切り取っていく。
>> CATALOG  >> LABEL SITE

 
 

Kurage (クラゲ)
ツジコノリコを始め、日本のアヴァンでポップな一筋縄では行かない音楽をリリースするレーベル。
>> CATALOG

 
 

PRIMO (プリモ)
PRIMO=2005年より提案し続けるジャズやソウルのマンスリーパーティーのオーガナイザー城内氏によるレーベル。過去の隠れた名盤をリイシューする。
>> CATALOG

 

the ETHNORTH GALLERY (ザ・エスノース・ギャラリー)
ネイチャーブリスが運営する店舗と連動した、店舗のコンセプトや空間のためのレーベル。「こんな音が世界のどこかに存在する」という事実を深く掘り下げて紹介する。
>> CATALOG  >> LABEL SITE

 

小さな可愛いレーベルマーク。
なかなか種類がありますね!
分けられた各レーベルを説明する言葉から、気になるレーベルはありましたでしょうか?
その言葉をもとに、CDを探してみるのもまた1つの方法です。
ちなみに今回の音楽視聴室 at COUZT CAFEには、このうち4・5種のレーベルが含まれています。
ぜひそのレーベルの存在も、視聴の際に気にしてみてくださいね。
もっと聞きたい!という方は、ネイチャーブリスさんのオンラインや、エスノースギャラリーさん店舗まで足をお運びください。

 

 

*スペシャル企画!
「 zmi / コーツトカフェライブ 」
コーツトでも人気だったCD、”ふうね”のピアニストzmi(ズミ)によるライブを開催。

2018年7月29日(日)
OPEN 18:30
START 19:00 (約60分)
チャージ 2000円+1ドリンク

《ご予約方法》
エスノースギャラリー店頭、またはメールで承ります。
メールのお客様は、件名を「zmiライブ」として頂き、本文に「お名前、お電話番号、人数」を明記の上、info@ethnorthgallery.comまでお送りください。

《 zmi プロフィール 》
https://www.zmisound.com/
1986年生まれ。静岡県出身の作曲家。
幼少期から親しんでいるピアノを用い、柔らかなサウンドを奏でる。
これまでにCMや映画への楽曲提供など数々の作品を残す。
これまでにいくつかの楽曲をデジタル媒体などで発表を重ね、
NATURE BLISS / PLOPより1stアルバム「ふうね」をリリース。

 

受注会「シャツ展 保倉友子 / 2018 Summer」 ...2018/05/23...

「 シャツ展 保倉友子 / 2018 Summer 」

オリジナルプリントを施したシャツ、
カットソーをはじめ
変わりデザインのシャツや、
シャツに合うニットなどを
受注販売いたします。

受注会では、パターンオーダーをお受けします。

 

::: 店内展示期間 :::
6/1(金) – 17(日)
カフェ営業中 11:30-23:00 (Sun.9:00-21:00)
※木曜定休
※貸切の日もございます 詳しくはコーツトHPにて

::: 受注会 :::
6/15・16(金土)12:00〜18:00
6/17(日)12:00〜21:00
※17日17:30〜21:00はコーツトカフェ会場貸切での特別オーダー会です
(ノベルティー有 / カフェオーダーはできません)

ゆっくりと試着を楽しみたい方は、貸切でのオーダー会へのご来場をオススメしています。

問合 info@yu-yarn.jp( yu-yarn 保倉友子 )

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年でもう3回目となる保倉さんのシャツ展では、受注会を初めて貸切で試みます。
カフェ通常営業中ですと”なかなかゆっくり試着できなかった〜”という方、
何も気にせず・要ワンオーダーもなく、ゆっくりとオーダーの時間をお楽しみください。
もちろん、まだどうしようか迷われている方にもオススメです。
保倉友子さんの作るシャツを楽しむ時間を、ごゆっくりお過ごしください。
ご来場お待ちしております。
※17:00〜17:30の間は、貸切準備のため一度CLOSEいたします。
コーツトカフェ椿

 

*今までに開催された、コーツトでの保倉友子展示 & 受注会
2015年 羊のまきもの展レポート
2016年 シャツ展 2016 Summer
2016年 羊の着るもの展 2016 Winter
2017年 シャツ展 2017 Summer
2017年 羊展 yu-yarn 保倉友子 / 2017 Winter

保倉友子 HPhttp://yu-yarn.jp/?page_id=6

 

鶴田流琵琶・新村康子「聴呑夜 – 琵琶と日本酒」 ...2018/05/03...

「聴呑夜 – 琵琶と日本酒」
 鶴田流琵琶 新村康子

2018年5月31日(木)
開場*18時30分
開演*19時

<入場料>
2500円
*琵琶の響きをイメージして選んだ、日本酒一杯付
(日本酒以外のドリンクもご用意ございます。小学生以下のお客様はワンドリンク付1000円)

<会場>
COUZT CAFE + SHOP
台東区谷中2-1-11

<予約先>
info@couzt.com
03-5815-4660
(担当・椿)

<新村康子>
yasuko niimura
https://stringsum.tumblr.com
東京音楽大学ピアノ専攻卒業。
在学中に鶴田流琵琶と出会い、田中之雄氏に師事。
古典を参照しながら、西洋と東洋という境を越える演奏を探求している。
楽曲制作や編曲も行う。

普段なかなか見たり聴いたりする機会の少ない琵琶に、少しでも触れてほしい・気軽に参加して欲しい、という気持ちを込めて新村さんが考えたのは、琵琶とともに”日本酒”も楽しめる演奏会です。
すこーしアルコールを嗜みながら、五感をゆるく解いて、味と、香りと、音と、その空気を、楽しみませんか。
ご予約お待ちしております。

グラスの中で、澄んだ日本酒が音で震えて輪をつくるような美しさを、そんな気持ち良さがあるのではと、楽しみにしています。
どんな日本酒が選ばれたのかはお楽しみに。
コーツトカフェ椿

 

第3回 水玉市・2018春 ...2018/04/26...


谷中キッテ通りの水玉市、いよいよ今週末開催です!
(2018年4月28・29日<土日>11〜16時!)
今回は、いつも以上にワークショップや体験型、参加型も多い2日間になっています。
次の日にはなりますが、最後には4/30「ねこたま会へようこそ」という、キッテ通りの飲み会………いや、店主会に皆さんにも参加してもらう〜というプチイベントもあります。

1つ1つこのページでご紹介ができないのですが、是非チラシをGETして、当日ぶらぶら歩いてみてくださいね。
また、各店主さんが、Facebookページでもイベントなどを告知しております。
(飛び入り参加できるものもありますが、要予約・予約がオススメのものもありますので、要チェックです!)
https://www.facebook.com/yanakakittedori/

 

今年の1月には電柱に谷中キッテ通りのプレートが付き、イベント当日は水玉市用のノボリまで通りではためきます!
そんなに早いスピードではないかもしれませんが、着実に少しずつ進んでいることを実感します。
(そもそも本当は、世の中、こうやって出来る範囲の生産性で進むスピードが大事なんじゃないかと。コーツトを日々営業しながら感じます。)

当日は晴れると良いな〜
コーツトでは最中の皮で、自家製MIXアイスをころんと挟んだ「まんまるアイス」をテイクアウト販売予定ですよ〜
アイス片手にぶらぶらどうぞ♪


谷中キッテ通りFacebookページ*https://www.facebook.com/谷中キッテ通り-679351868914347/
2017年3月頃「<キッテ通り>”名もない通り”に、名前が決まりました。
2017年5月「第1回 水玉市
2017年10月「第2回 水玉市
2018年1月頃「谷中キッテ通りの電柱に、プレートがつきました!

 

トークイベント「谷中キッテ通り ねこたま会へようこそ」 ...2018/04/16...


「 谷中キッテ通り ねこたま会へようこそ 」

谷中キッテ通りでは毎月密やかに、”ねこたま会”という名前で店主会が開催されています。
以前は”通りに名前がない…”どころか、店舗どうし横の繋がりもほとんどありませんでした。

愛称を決めよう!という流れが起こり、
愛称が決まり、
2018年の本年には電柱に名前プレートまで付いて!、
キッテ通りでの日々の挨拶ややりとりが増えています。

お酒やおつまみを持ち寄り並べて、ワイワイするねこたま会。
真面目な議題から始まり、徐々に雑談になるところも楽しい時間。
ちょっと個性強めな店主が集まるこの”ねこたま会”に、あなたもぜひ参加してみませんか?

 

 
—————————————

『 第1回・ねこたま会へようこそ <2018春> 』

テーマ「 谷中キッテ通りの愛称がつくまで 〜いつも通りお酒とともに〜 」
名前のない通りで、いつもただただ”へびみちの隣”と言われていた谷中キッテ通り。
この愛称がつくまでのお話を中心に、それ以前の谷中のお話も交えて。
ご参加いただく皆様も一緒に参加できるような雰囲気にしたいと思っています。

◎今回の店主
谷中キッテ通り会長「ライムライト」稲田さん
谷中キッテ通り書記「classico」高橋さん
谷中キッテ通り会計「大谷商店」山口さん
(司会進行:コーツトカフェ椿)

◎場所
COUZT CAFE + SHOP(コーツトカフェ + ショップ)
090-7237-7288
info@couzt.com

◎日時
2018年4月30日(祝日・月) ※水玉市の次の日となります。
20:00 開場
20:10頃 かんぱ〜い!
21:30頃 一時解散 & 歓談
22:30頃 閉場

 

◎参加について
参加費500円

いつもの店主会同様、持ち寄りの会です。
飲みたいお酒や、食べたいおつまみは可能であればお持ちください。
もちろん、手ぶらでも大丈夫です。
グラス、お皿やお箸、お茶はご用意いたします。
(店主会同様、コーツトカフェでのご注文はできません。)

◎定員15名様
先着6名様まで店主さんたちと同じソファ席です。
それ以降の方は周りを椅子で囲むかたちになります。

※人数把握のため、なるべくご予約をお願いしています。飛び入り参加の方はお席が遠くなる可能性があります。
※谷中キッテ通りへのご意見や感想がある方、店主さんに尋ねたいことがある方も、お気軽にご参加下さい。

◎参加方法
info@couzt.com(担当:コーツトカフェ椿)
上記メールアドレスへ、
1)お名前、2)電話番号、3)参加人数、4)キッテ通りに対して一言、を添えてお送りください。
または、お電話(03-5815-4660)や、コーツト店舗で直接の応募も受け付けています。

—————————————

 

第2回以降は趣向やテーマを変えて、
追々は店主さん全員が順番に参加、さらに、様々な組み合わせで開催したいと計画しています。
(秋の司会は、ひるねこBOOKS小張さんにお願いしています。)
谷根千の、商店街のような人通りではない、ちょっと変わった場所にあるこの道でお店を経営してきた店主たち。
一体どんなお話が聞けるのでしょうか。

ご来場と、美味しいお酒とおつまみ(個人的な希望で、半分冗談です)(半分本気です…)、お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

コーツトカフェ椿