2018年COUZT忘年会 ...2018/11/24...

今年も1年、お疲れ様。
来年もどうぞよろしく。

————————-
2018.12.27(木)
17:00頃 open
17:30 start
19:00 スピーチタイム
※一部による宣伝や紹介、ご挨拶など。当日その場で募ります。どなたでもお気軽に!
22:00頃 close
————————-

★参加費:¥1000
(ビールとソフトドリンクなどの幾つかのドリンクはコーツトでご用意します。)
★一人一品お持ち寄りでお願いします。
(フード・ドリンクどちらでもOK!ホームパーティです。)
★予約不要
※気になる方は、スタッフにお声がけください。

 

毎年恒例のこの日は、私共コーツトスタッフも、皆さんと食べて飲んで話して笑ってのざっくばらんな宴です。
そのため、お店からの料理はほとんどございません。
一人一品持ち寄って、その持ち寄ったものも話題に挙げつつ楽しみます。

あの人もこの人も、いつものコーツトカフェで見たことあるかも。
“いつも本を読まれていますよね、どんな本を読むんですか?”
“ああ、あなた、あの時コーツトで展示をしてた人でしょう。”
“あそこにいるのは、コーツトでは いらっしゃいませ、じゃなくて、おかえりって言われている人だ。”
“あそこに置いてあるあのアイテム、あなたの作品なんですね!”
そんな会に、なりつつあります。

様々な方が多く集まる会です。
どうぞよろしくお願いいたします。

また、「以前はよく通っていたけれど、近頃あまり足を運べていないしなぁ」と思われているかもしれない、大事なお客様方へ。
飲食店、特にカフェは生活の流れの一部ですので、生活や意識が変われば足の向き方も変わるもの。
けれど私たちお店にとって、通っていただいた時の感謝の気持ちに変わりはありません。
1年に1度の忘年会には、ワイワイ楽しむつもりで、気軽に顔を出してください。
コーツトが今のかたちになっているのは、今まで通ってくださったその時の皆様がいるからです。
今のスタッフに、昔話でもしてやってください。
お待ちしております。
Written by tsubaki.

 

Christmas market BOX 2018〜クリスマスマーケットBOX2018〜 ...2018/11/17...

「 Christmas market BOX 2018 」
毎年恒例のクリスマスアイテム詰め合わせです。
数に限りがございますので、ご予約、取り置き、お待ちしております!
〔MAIL〕info@couzt.com
〔TEL〕03-5815-4660
※お名前、電話番号、BOXの数(赤緑、色にご希望がある場合はお伝えください)、受取予定日をお知らせください。お支払いはBOXお渡しの際に頂戴いたします。

11/26(月)〜予約受付開始
12/7(金)頃〜店頭販売開始
※売り切れ次第終了

<クリスマス・マーケット・ジャム>
X’masのフリーマーケットで飲みたいホットワインをイメージした限定の林檎ジャム。
赤ワインやスパイス、ドライイチジクやレモンピールなどなどで仕立てています。
白カビのチーズと相性よし◎
年間通して様々なジャムをつくる、ジャム職人宇田川の一品。

<冬のオリジナルスコーン>
シュトーレンのように、洋酒漬けのMIXドライフルーツやスパイスを生地に混ぜ込み焼き上げて、その上から雪に見立てたアイシングでコーティング。
こちらも、冬季限定の人気スコーンです。

<ホリデー・ビスコッティ>
カリカリとした食感の、硬めのイタリア菓子。
クリスマスをイメージした素材をふんだんに使用しています。

<ココナツとオートミールのサクサククッキー>
卵・乳製品不使用で、植物性の材料のみで作った優しいクッキーです。
味はバッチリ美味しくて、ファンが多いこの焼き菓子。
コーツトではこの時期だけ!
コーツトでピンチヒッターとして、出勤&登場するスタッフ深田さん。彼女はHoku’ula(ホークウラ)というハワイアンネームで、ロミロミプライベートサロン”PONO”を経営しています。こちらのココナッツクッキーは彼女のレシピ。彼女の手で仕込んでいます。

<オーガニック・ジンジャーグラノーラ>
珍しいグリーンバナナの粉を使用したグラノーラ。
冬限定でジンジャーとスパイスを効かせて仕込みます。

<カカオキッスティー>
カカオシェルと紅茶をブレンド。
香りに甘さがあり、寒い冬に嬉しいアイテム。
甘い香りを楽しみつつ、口内は甘くならないストレートも良いですし、
甘い香りに合わせて、少し甘いミルクティーにするのもオススメ!
寒い冬の夜のお供に。

◎オリジナルデザインのボックスとメッセージカードを添えて。
◎全て入って 税込¥2,200- です。

 

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします!
written by tsubaki.

 

SHOP「谷中キッテ通りから”セミオーダーシャツのおみせ doudou”ポップアップ」 ...2018/11/09...


〜谷中キッテ通りから〜
セミオーダーシャツのおみせ
「 dou dou ドゥドゥー 」
2018/11/7.wed 〜 25.sun
コーツトカフェ営業ないポップアップSHOPにて

 


谷中キッテ通り。
2017年にコーツト目の前の通りに愛称が決まり、小さなお店を営む店主さんとの、今までなかった繋がりを感じられるようになりました。
せっかく近いお店同士ですので、今回は思い切ってdoudou柴崎さんにご相談し、期間限定ポップアップSHOPをコーツトで展開することに。

doudouさんとは他にも、今年あれこれと関わることができました。
今年の春には、doudouさんのショップカード用に私(椿)の写真を撮ってくださったり、

(とっても着心地良いリネンのシャツで、とっても良い感じに撮ってくださって嬉しいです…。)(街のあちこちでこちらのショップカードを見かけたのは恥ずかしかったですが〜)

 

doudouさんのシャツを、コーツトのスタッフシャツ用に仕立ててもらったり!
(幻のvol.0に続き、vol.1です!)

(この秋から着用スタートしています。でも、毎日全員着ている訳ではありません。たまーにお揃いで着ることがあるぐらい。)

 

以前は緊張してなかなか入れなかったdoudouさんのお店ですが、
個人的にも気軽にお邪魔できるようになったおかげで、この夏には素敵なシャツをプライベート用に一着、ワードローブへ。
とっても気に入っています。

(イギリスの芸術系学生さんが描いた薔薇の蕾だそうです。うっとり。)

 

 

気になっていても、なかなかタイミングがなくdoudouさんへお邪魔できなかった方。
多くいらっしゃるのではないかと思っています。
リバティプリントの豊富な柄(キュートなもの、品のあるもの、ユニークなもの、本当に様々!なんです)や、doudouさんのさり気ない素敵なデザインに触れて欲しい。
もちろんお財布との相談ではありますが、、、
“シャツをオーダーすること”がもっと身近になり、気軽に相談できても良いのではないでしょうか。

大量生産の洋服が多い中ですが、ずっと使える1着を、たまーにご褒美でクローゼットへ仲間入りさせること。
幼い頃の宝箱に入れたキラキラ光るガラス玉のように、たまらなくワクワクすることでしょう。

今回コーツトのポップアップSHOPで扱うアイテムは、
リバティ柄のハンカチ、コースター、マスク、スカーフ、小さなバッグ、あずま袋。
オリジナルで作られている、お米の形のブローチとお花のピン。
あとは、doudouさんがお店を始めるきっかけとなった子供服も置いてくださっています。
是非、お手にとってご覧ください。
リバティ柄のアイテムは、1つ1つ時間をかけて眺めたくなります。
眺めて眺めて、読み解きたくなるような気持ちになるのは何故なのでしょうか。

そしてそこに並ぶ生地たちで、
もし気に入ったものを見つけたのなら、
すぐ近くのお店doudouで柴崎さんと相談でき、シャツやスカートにも仕立ててくれるのです。

日常のカフェを目指すコーツトは、出会いの場になり得ると考えています。
コーツトを日常で使っていただいている皆さまにも、doudouさんとの素敵な出会いになりますように。

こうやって関わらせていただくことで、
そのお店の成り立ちを知り、
その店主さんのことを知り、
楽しいご近所さんとなっていけたら。
街をもっともっと好きになれそうです。
ツバキ

 

セミオーダーシャツのおみせdou dou ドゥドゥー
http://doudou.chips.jp

 

詩人・菅原敏による「夜の読書館」2nd シーズン ...2018/11/09...

菅原敏が館長を務める「夜の読書館」が、
2016年、東京ミッドタウンから谷中「COUZT CAFE」に場所を移しました。
2017年も引き続きCOUZT CAFEで開館いたします。
声のない読書舘として、これからもあなたをお待ちしております。
 
館長である詩人・菅原敏は、
場所にしばられず、ひとつどころに留まらず。
ふらりとどこかへ出かけることもあるようです。
(かと思えば、いつもの様にさり気なく現れて、皆さんと共に夜の読書館で本をめくっているかもしれません。)
  
谷根千の書店さんとのコラボも続きます。
どんな本が並ぶのか、コーツトでゆっくりしながら楽しんでくださいね。

 
第2シーズン、開館時間は変わらず19:00〜23:00です。
館長不在の日はカフェスタッフが判子を捺します。

logotype_all04

「 夜の読書館 / The Night Library 」

当館は、声のない場所です。
スマートフォンの電源を落とし、心静かに本の世界に潜り込むひととき。
ソファに深く腰掛けて、かすかに聞こえるのはアナログレコードの調べと、ページをめくる音だけ。
この日はCafeスタッフも声を失くしていますので、目配せにてオーダー(キャッシュオン)をお願いします。
珈琲やお酒と共に、声なき読書の時間を、どうぞお楽しみください。

『夜の読書館』館長 菅原敏

 

【 夜の読書館、7つの覚え書き 】

1)当館では、ひととき声が失われます(私語はお控えください)。
2)当館ではスマホに奪われていた魂が身体に戻ります(携帯はOFFに)。
3)お気に入りの本を一冊お持ち下さい(電子書籍は没収となります)。
4)開館時間内のお好きな時間に来て、お好きな時間にお帰りください。
5)仕事のこと、家庭のこと、恋人のことも(ひととき)忘れましょう。
6)読書に疲れたら、目を閉じてレコードの調べに耳を澄ましましょう。
7)読書カードにスタッフが印を捺します。たまると特典があるかもしれません。

logotype_all

『夜の読書館』2ndシーズン @COUZT CAFE
開館日: 毎月第4木曜
次回の開館日:2019年1月24日(木)、2月28日(木)、3月28日(木)………
※2018年の12月27日は年末のためお休みいたします。
開館時間:19:00〜23:00

会場:COUZT CAFE
館長:菅原敏(詩人)
【夜の読書館、楽しみ方】http://www.couzt.com/archives/5825
【夜の読書館 1st シーズン @COUZT】http://www.couzt.com/archives/5275

※こだわりの珈琲やお茶などの豊富なドリンク、お食事もいくつかご用意いたします
※カウンターにて、キャッシュオンでオーダーください
※カフェの定休日を利用して開館いたします
※館内での私語はお控えください
※お席に限りがございます(全21席)
※開館時間内の出入りは自由です

【Facebook】https://www.facebook.com/thenightlibrary
【Twitter】https://twitter.com/dokushokan

1
sugawara
菅原敏(すがわらびん)
http://sugawarabin.com/
詩人。
アメリカの出版社PRE/POSTより詩集『裸でベランダ/ウサギと女たち』で逆輸入デビュー。
新聞や雑誌への寄稿・執筆のかたわら、スターバックスやビームスなど異業種とのコラボレーション、ラジオやテレビでの朗読、デパートの館内放送ジャックなど、幅広く詩を表現。
Superflyへの作詞提供、メディアプロジェクト『詩人天気予報』、美術館でのインスタレーションなど、アートや音楽との接点も多い。
雑誌『BRUTUS』で連載中の「詩人と暮らし」ほか、WEBメディアでも連載多数。

 

期間限定スイーツ「ヘーゼルナッツのヌガーグラッセ」 ...2018/11/09...

「ヘーゼルナッツのヌガーグラッセ」

オーブンでローストしてからキャラメリゼしたヘーゼルナッツを砕き、
はちみつで仕上げたイタリアンメレンゲとホイップクリームを合わせたアイス生地に混ぜ込みました。
木の実の香ばしさと、砂糖を焦がした香ばしさの二重奏を、口当たりの軽いアイスの中に感じてください。

温かいコーヒーや紅茶のおともに。
また、お酒を嗜まれる方には、ラムやアマレットのロックとのペアリングはいかがでしょうか。