夏限定ドリンクのご紹介です ...2017/07/31...

例年ご好評いただいているレモネード・フロートやアイス・マサラチャイのほか、今年初お目見えのメニューもございます。
夏の短い間の様々なドリンク、ぜひお楽しみください。

 

20347660_1893719487546583_2360311286245359616_n
「自家製 赤紫蘇ソーダ」
自然栽培の赤紫蘇と、ちょっぴりレモンのスッキリ味。
とても鮮やかなこの赤色が自然の色だなんて………なんだか不思議ですね。
疲労回復の効果もあり、夏バテにぴったりのドリンクです。

 

20225553_1940098482934570_7337190939263238144_n
グレープフルーツとオーガニックアールグレイの
「セパレートティー」
オレンジとイエローの爽やかなハーモニー。
上層のオレンジは、キュッと濃いオーガニックアールグレイティー。
下層のイエローは、フレッシュなグレープフルーツジュース。
ストローでそれぞれの味を堪能していただいても、しっかりと混ぜていただいても、自家製ガムシロップで甘みをつけていただいても……様々な楽しみ方でお召し上がりいただけます。

 

20180487_108782446447062_564475096308121600_n
「カフェ・トニック」
うんと濃くドリップした珈琲とトニックウォーターのセパレートドリンク。
苦味と清涼感が同時に味わえて心地よいです。

 

20225525_319263441865905_851255641824559104_n
「茉莉花 炭酸(ジャスミンタンサン)」
炭酸水でジャスミン茶を抽出した爽やかなスパークリングドリンク。
パチパチと鼻先で弾ける泡から、心地よい香りが広がります。
ですので、ご提供もワイングラスで。
この季節、つい冷たいものを飲みすぎて糖分を摂り過ぎてしまうこともありますが、こちらの茉莉花炭酸は無糖なので心配ナシ。
お食事にも、スイーツにも合います。

 

20346865_174976083045675_4897611319991074816_n
「ジンジャー・ミルク」
コーツトでいつもご用意しているジンジャーエールと同じシロップを牛乳と合わせた、こっくりと柔らかな一杯。
生姜と牛乳の組み合わせは意外と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、濃厚さと爽やかな苦味がちょうどよくからまって、ホッとするお味になりますよ。
炭酸が苦手でジンジャーエールはちょっと…という方にもオススメです。
そして、ジンジャーシロップはテイクアウトでもご用意していますので、ご自宅でもお楽しみいただけます。

 

20398495_1591751020899866_7382687128397807616_n
「ベルガモット・ココア」
アイスココアにオーガニックアールグレイでフレーバーをつけて、上品なお味に。
クリームのトッピングで少しリッチな気分に浸っていただけます。
私のオススメの飲み方は、まずはココアの香りを楽しみながらゆっくり、たまにクリームをちょびちょび。
半分をすぎたらクリームをかき混ぜて、とろとろになったココアをいただきます。
昼下がりのカウンターで、夏の予定に想いを馳せながら…しっとりと読書をしながらもよいですね。

 

レモフロ
「レモネード・フロート」
人気のレモネードにミックスアイスをトッピングした、欲張りな一杯です。
どちらも自家製でご用意しています。
涼しげな見た目にウットリしていると、あらら、アイスが溶けてきちゃう!
まずは、ほろ苦なレモネードをキューっと二口ほど吸っていただいてから、アイスを召し上がってくださいね。
アイスには、チョコレートやレモンピールなどを混ぜ込んでいます。
ちょっと贅沢な時間をコーツトで。

 

今回は、スタッフみんなで更新しているInstagramで使用した写真を掲載しています。
コーツトの日々のことは、こちらのInstagramで毎日更新中!
written by ALL STAFF.

 

期間限定ビール「Maiella BEER -マイエッラ・ビール-」 ...2017/07/08...

期間限定ビールのご紹介です。

20170630beer-5370

Maiella BEER(イタリア / マイエッラ地方)
イタリアの小さな醸造所で作られるオーガニックなクラフトビール。この土地に根付く人々が「土」からつくりあげる、 丁寧に醸造された香りよく美しいビールです。(使われているスパイスやハーブ、アカシアの蜂蜜、花々は、 現地のマイエッラ山から。現地を流れるデルベルデ川の水をひいて使用。小麦は最古の品種を土作りからこだわり、育て、収穫。酵母を生かすべく、着色料・保存料などは 不使用、無濾過醸造。)

マジア・ロッサ< Magia Rossa > alc 5.2%
香りとともに楽しむ麦芽の甘やかさ

ディア・マイア< Deai Maia > alc 4.5%
フレッシュな飲みごたえと爽やかな苦味

ノヴィ・ルーナ< Novi Luna > alc 3.9%
ふわっと軽やか 紅茶のように

定休日に開催している「夜の読書館」館長・菅原敏に所縁あり、コーツトへやってきたビールです。日本で飲めるのは(多分まだ)ここだけ!

 

期間限定ビール「アンカーブリュワリー」 ...2017/05/03...

今回の期間限定ビールは、アメリカのマイクロブリュワリー代表、「アンカーブリュワリー」。サンフランシスコから。

S__2686980

『ブラックベリー・デイズIPA』 355ml/6.5%
ビールの二次発酵時にブラックベリーを加えた、従来のアンカー社にはない新しいスタイル。
ちょっとユニークな試みの限定ビールです。
ブラックベリーのフルーティーさと酸味、IPAならではの苦味を融合した、すっきりしつつも複雑な味わい。淡いピンクがかった色合いです。

『リバティIPA』 355ml/6%
1975年、米国建国200周年を記念して醸造開始したのがアンカー・リバティエール。
その発売当初の「リバティエール」を現在のIPAスタイルに合わせるため、あらたに2種類のホップを加えたものが「リバティIPA」です。
より香りと苦味を際立たせた「IPAスタイルのリバティエール」。
軽やかなボディをお楽しみください。

written by madoka

 

限定ビール「ヘット・アンケル醸造所」 ...2017/02/04...

限定ビアは、ベルギーのメッヘレンにあるヘット・アンケル醸造所から。
couzt_170204_0113
「グーデンカルロス・トリプル」330ml / 9%
ベルギーで最も古い歴史のあるヘットアンケル醸造所で造られる、アルコールの高いビール。
非常に木目細かく盛り上がり良い泡立ちです。
全体は薄いゴールデン色、モルトの甘味とホップの苦味のバランスがとても良く、高アルコールを忘れてスイスイと飲んでしまいます。

 

「グーデンカルロス・ホップシンヨール」330ml / 8%
4種類のホップを使用し、各々を最大限に活かす異なるタイミングで加えられていること。
また、メッヘレンの伝統的なお祭り“オップシンヨール(Opsinjoor)” というお祭りからとり、ホップシンヨールという名前に。
ややにごりのある淡いゴールド、口当たりは苦味とアルコール感の強いパンチを感じながら、飲み応えはバランス良い一品です。

 

「グーデンカルロス・クラシック」330ml / 8%
長期熟成のあとにろ過せずに瓶詰めされるので100%自然のままの味が楽しめる黒ビール。
フルーティーさとスパイシーさが交わった独特の香りがし、飲み口は軽めですが濃厚な味わいが口の中ににじみ出ます。
後味にホップの苦味も味わえる本格派ベルギービール。
今年もチョコ付です。
couzt_170204_0110couzt_170204_0109
ギフトとしても気軽にお渡しできるラッピングもご用意しています。

Written by tsubaki.

 

アンカーブリュワリー「スペシャルエール / Go West! IPA」 ...2016/12/12...

%e4%bb%95%e4%ba%8b%e7%94%a8%e3%80%82%e7%ac%91_8303

今回の期間限定ビールは、アメリカのアンカーブリュワリーから2種類!

 

「スペシャルエール(クリスマスエール) 2016」355ml 5.8%
毎年「感謝の気持ちをこめて」届けられる、特別限定ブラウンエール。
シナモン、ナツメグなどのハーブやスパイス類で風味付けされるこのエールは、毎年違うレシピで製造されています。
その他め、開封するまでその年の味わいを確かめられない面白味のあるビールなんです。
社長自らモミの木のラベルイラストを手掛けており、見た目も味もワクワクさせてくれる一品です。
ガツンとした個性的な味ではなく、ゆるゆるとスパイスの風味と甘みを感じます。

 

「GO WEST! IPA」355ml 6.5%
アンカーブリュワリーの新製品!
ゴールドラッシュ時代に流行した名文句、「Go West Young Man」へオマージュとして命名。
口あたりから柑橘系・フレッシュ感が強いところを、苦味でぎゅっと締めてくれるミディアムボディ。
日本のIPAブームもあり、クラフトビール好きの方にとっては好みの人は多いのではないでしょうか。
このビールを飲んだ人だけのお楽しみ………開栓後の王冠の裏がまた…!
たまりません。

 

 

 

 

 

きゅん。
%e4%bb%95%e4%ba%8b%e7%94%a8%e3%80%82%e7%ac%91_4932

written by tsubaki.