映画『The Lost Coin』上映会+ダイアローグ ...wrote on 2017/09/05...

20638704_1890963897837663_8333046039197286634_n

====================
映画『The Lost Coin』上映会+ダイアローグ vol.3
====================

『 The Lost Coin 』について
http://www.facebook.com/thelostcoin.film
2016 / 30min. / ドキュメンタリー / 英語・スペイン語(日本語字幕)

監督・制作・撮影・編集:山岡 瑞子
出演 : エレナ・トドロヴィッチ ほか

新年に浮足立つバルセロナ。
フランス人女性エレナはかつて恋人と訪れた海岸での転落事故で脊椎を損傷した。
以来、少しずつ破綻していった恋人との関係、性生活、パリには暮らせなくなった理由…。
突如として不自由の枷に囚われた女性の孤独に、同じ障害を負った女性監督のカメラが追う。
New year’s day in Barcelona. A French woman Jelena who is damaged her spinal cord by a falling accident on the coast where she visited with her boyfriend. Since then, their relationship gradually fall apart. Their sex life had changed, and she had to leave from Paris because the city is not kind for a wheel chair user… Mizuko(director) who has the same disability with Jelena followed and filmed her feelings and loneliness.

************************************************
『The Lost Coin』上映会 vol.3の開催が決定しました。今回は監督・山岡の友人であり、障碍や病いをめぐる対話の場づくりを地域で主催している孫大輔さんをファシリテーターに迎え、上映+ダイアローグ(対話)の会を行います。映画を楽しみたい方にも、またダイアローグの場を体験してみたい方にも、意味のある上映会になれば良いなと思います。ぜひ、ご参加下さい。(山岡瑞子)
“The Lost Coin screening vol.3” will be held. This time, director of Mizuko’s friend,Dr. Son who is hosting a dialogue on disability and illness in the YANESEN- area as a facilitator. It will be a screening + dialogue . I hope that it would be good to have a meaningful screening for those who would like to see the movie and those who would like to experience the dialogue. Please join us!
************************************************

【ファシリテーター*Facilitator】
孫 大輔(医師、みんくるプロデュース代表)
Daisuke Son (M.D., dialogue facilitator)

【開催日時*Date】
2017年9月14日(木)
Open 18:30
Start 19:00
Close 21:00

【参加費*Entry Fee】 ¥1,300(w/One Drink)
【定員*Capacity】  20名(予約推奨)
【場所* Place】  コーツトカフェ COUZT CAFE + SHOP

【申し込み*Application】(下記フォームより登録)
https://goo.gl/forms/ICmYkqeYEvlUwjrm1
※ご予約のない方や希望者数次第では、お立ち見になる場合がございます。
※キャンセルの場合も上記フォームよりメッセージ下さい。

【進行予定*Program】
19:00~19:15 オープニング Opening
19:15~19:45 上映 Screening
19:45~20:00 山岡監督トークセッション Talk Session w/director
20:00~20:50 ダイアローグセッション Dialogue session

====================
====================

『The Lost Coin』の監督:山岡瑞子は、米国での交通事故で頚椎を損傷し、帰国を余儀なくされ、事故以降、車イスを使用しています。
08年にデンマーク留学中、映像という手段で出来ることはないか、と、自らの視点から映画制作を始めました。
そこで、「小さいビデオを使って一人で表現することで、発信したい。世の中に問いたいことを映像化することで、その先の、映像化されたものを観た人の心を揺らす」というビデオアクティビスト・土屋豊監督の考え方に共感し、世の中に問いたいこととしてこの作品を完成させました。
Director of “The Lost Coin”: Mizuko YAMAOKA damaged the cervical vertebrae by a traffic accident in the United States and was forced to return to Japan and has used wheelchairs since the accident.While studying in Denmark in 2008~09, she began film production from her point of view as to what she could do with film.Then,she met a film director & video activist: Yutaka TUCHIYA and influenced by his idea of making film,”I want to transmit by expressing with a small video by myself, beyond that, I want to shake the hearts of those who saw what was visualized by what I would like to ask to the world”. She completed this film as a question to the people.

この映画は、新年に浮足立つバルセロナで、突如として不自由の枷に囚われたフランス人女性の孤独を、同じケガの後遺症を持つ監督が追う映画です。監督自身と同じように、一番華やかな時期に障碍を負ってしまった女性の恋愛、性生活、そして孤独を、バルセロナの日常の風景の中、語られます。
This film is start from the new year’s day in Barcelona. A French woman who has a same injurey( spinal cord injury) as this film director Mizuko, talks about her romance,sexual life, and loneliness :being hurt by the most glamorous time of life,It is told in the everyday landscape of Barcelona.

会場は、昔ながらの家々が残る根津のコーツトカフェです。古くて落ち着きのある家具や、手作りのものが溢れる素敵な空間で映画をご鑑賞下さい。後半は、孫さんがファシリテートするダイアローグセッションを予定しています。
The venue is the Nezu Cozt Cafe where old-fashioned houses remain.Please watch a film in a wonderful space full of old and calm furniture and handmade items.The second half is planning a dialog session with Mr. Son’s facilitate.

====================

【山岡瑞子 * 略歴】
東京生まれ。1998年にブルックリンに移り、プラット・インスティチュートを卒業、BFAを2002年に所得。その数週間後に交通事故で頸髄を損傷し入院、帰国。それ以降車イスユーザに。2009年に映画美学校ドキュメンタリー初等科で映画制作を学ぶ。東京在住。独立映画鍋会員。
【Director’s biography】
Born in Tokyo, Japan. In 1998, Move to Brooklyn, NY and graduate from Pratt Institute, got BFA in 2002. A few weeks later from graduation, injured spinal cord by car accident. Hospitalized and went back to Tokyo. Since then, wheel chair user. Studied documentary film making at The Film School of Tokyo in 2009. A member of Independent Cinema Guild(http://eiganabe.net/)

【孫大輔 * 略歴】
医師、大学教員。2010年から健康や病いをめぐる対話の場づくりを主宰(一般社団法人みんくるプロデュース)。また、2017年よりフィンランドの医療福祉分野における「ダイアローグ」に関心を寄せている。
【Daisuke Son’s biography】
Medical doctor, lecturer at the University of Tokyo. He continues to host an activity of dialogue on health and illness issues among citizens and health professinals since 2010 (Mincle Cafe). Recently he is interested in the new approach “Open Dialogue” originated from Finland, which ease the pain and worry of mentally ill patients.